10万円しか借りていない

銀行系のカードローンの強みはなんといっても金利の安さでしょう。カードローンなどでお金を借りる時にはやはり少しでも金利の安いところで借りたいものですよね。借入額が高額になったり、借り入れの期間が長引いた時などには例え数パーセントの金利の差であっても、支払総額に大きく響いてきます。10万円しか借りていないのに、支払総額は15万円にもなってしまった!というようなことが起こりかねません。借りたお金は出来れば早めに返済するのが一番いいのですが、色々な事情が重なったり急な出費がかさんだりと予測不可のな出来事が怒らないとも限りません。ですから例えば10万円借りたい時にでも少しでも低い金利で借入ができると安心ですよね。
それとあまり一般的には知られていないかもしれませんが、銀行系のカードローンは総量規制の適用外なんです。総量規制というのは平成22年に施行された法律で消費者金融や信販会社からの借り入れは年収の1/3までとするものです。それまではこのような法律はなく、年収に関わらず借入貸付ができていたために、返済を巡るトラブルが多かったようです。そのトラブルの回避のためにできた法律です。しかし、この法律が適用されるのは消費者金融や信販会社だけであって銀行には適用されません。ですから現在でも銀行からの借り入れは年収の1/3を超えても可能なのです。